Binary.com(BetOnMarkets)のトレードは

「Rise/Fall、Higher/Lower、Touch/No Touch、In/Out」の

全部で4つの判定方法が利用可能となっています。

 

①Rise/Fall

Rise/Fall

【勝ちの判定基準】

“Rises”を選択した場合、トレード終了時間の市場価格がエントリー価格より高くなると勝ち判定になります。同値は負け判定になります。

“Falls”を選択した場合、 トレード終了時間の市場価格がエントリー価格より低くなると勝ち判定になります。同値は負け判定になります。

 

②Higher/Lower

Rise/Fall

【勝ち判定の基準】

“Higher”を選択した場合、 トレード終了時間の市場価格がバリアを設定した価格より高くなると勝ち判定になります。同値は負け判定になります。

“Lower”を選択した場合、トレード終了時間の市場価格がバリアを設定した価格より低くなると勝ち判定になります。同値は負け判定になります。

 

③Touches/Does Not Touch

Rise/Fall

【勝ち判定の基準】

“Touches”を選択した場合、トレード終了時間までに市場価格がバリアを設定した価格にタッチすれば勝ち判定になります。

“Does Not Touch”を選択した場合、トレード終了時間まで一度も市場価格がバリアを設定した価格にタッチしなければ勝ち判定になります。

 

④In/Out

Rise/Fall

【勝ち判定の基準】

“Stays Between”を選択した場合、トレード終了時間まで常に市場価格がバリアを設定した上下両方のバリア価格の間に留まること、つまりバリア価格に1度もタッチなければ勝ち判定になります。

“Goes Outside”を選択した場合、トレード終了時間までに市場価格がバリアを設定した上下いずれかのバリア価格にタッチすれば勝ち判定になります。

 

 

口座開設は下記公式サイトから↓↓

Binary.com(BetOnMarkets)

 

Binary.com(BetOnMarkets)が人気業者としてまず第一に挙げられるのは

他の海外業者と比較して圧倒的に高いペイアウト倍率です。

バイナリーオプションにおいて一番人気となっている

短期オプションで比較すると、他の業者は平均が70~75%なのに対して

Binary.com(BetOnMarkets)では平均88%という圧倒的に高い数値を出しています。

 

そのため、同じトレードをしたとしても

Binary.com(BetOnMarkets)の方が利益が圧倒的に高いのです。

 

加えて、他の業者は予め決められた判定時間でトレードを行いますが

Binary.com(BetOnMarkets)であれば、最短で15秒~自由に判定時間を決められます。

ペイアウト倍率の高さがおすすめポイントなのは当然として

判定時間を自由に設定できるというメリットは他の業者では前代未聞で

ここの惹かれてBinary.com(BetOnMarkets)を利用する人も少なくありません。

 

この様に、Binary.com(BetOnMarkets)はバイナリー業界では革新的な存在であり

今後はますますBinary.com(BetOnMarkets)を利用するユーザーが増えると言われています。

 

公的機関のライセンスを取得した安全性と信頼性に加えて

海外業者ならではの自由度が高いトレードができるBinary.comは

国内業者と海外業者の良いところを寄せ集めた

世界最高水準のバイナリー業者というわけです。

 

Binary.com(BetOnMarkets) 口座開設

 

日本語サイト「Binary.com(バイナリードットコム)」をオープンし

日本人向けに本格的なサービス展開を開始したBinary.com(BetOnMarkets)は

実は他の業者と比較して安全面には特に気を使う業者として知られています。

Binary.com(BetOnMarkets)

 

まず、イギリス、マルタ、コスタリカにおいて監視委員会のライセンスを取得し

公的機関から信用のおける業者であるという認定を受けながら

1999年に開業してから今日に至るまで世界各国で運用実績があり

20万人以上のトレーダーを抱える大企業へと成長を遂げています。

 

【取得ライセンス詳細】

Regent Markets (IOM)
・Regent Markets (IOM) Ltd
マン島に存在するギャンブル監督機関(Gambling Supervision Commission in the Isle of Man)

Regent Markets (Malta)
・Regent Markets (Malta) Ltd
マルタ共和国に存在する ギャンブル監督機関(Lotteries and Gaming Authority in Malta)

Regent Markets (C.R.)
・Regent Markets (C.R.) S.A.
コスタリカ共和国に登記

 

ここまでの大企業となった背景には健全な運営と高い実績があるからに他ならず

Binary.com(BetOnMarkets)の安全性は非常に高いものと言えます。

日本人向けのサポートにしても、日本人スタッフが常駐しているので

言葉の壁に躓くこともなく安全で安心なトレード環境が約束された業者です

 

口座開設は下記公式サイトから↓↓

Binary.com(BetOnMarkets)

 

BetOnMarkets(ベットオンマーケッツ)の日本語サイトとしてオープンした

Binary.com(バイナリードットコム)の評判について書きたいと思います。

Binary.com(BetOnMarkets)

 

まず、BetOnMarkets(ベットオンマーケッツ)に関しては

「ペイアウト倍率が高い」

「取引時間が自由に決められる」

ということで高い評価を受けていますし

入出金に関しても手続き、対応共にスムーズであると評判です。

 

加えて、10年以上の運営実績を持つ海外のトップ業者なので

評判の良い業者であることは間違いありません。

 

日本語サイトのBinary.com(バイナリードットコム)に関しては

2013年9月にオープンしたばかりなので、まだ100%評価しきれない部分はありますが

仮にサイト上で何かしらの不具合があったとしても

これまでの実績から判断するに、その対応は迅速であり

トレーダーにとって不利益となる対処をする業者ではないのは明らかです。

 

Binary.com(バイナリードットコム)の実用性については

実際に利用をした上で、また追って追記する予定です。

(※2013年9月7日現在)

 

口座開設は下記公式サイトから↓↓
BetOnMarkets(ベットオンマーケッツ)

 

BetOnMarkets(ベットオンマーケッツ)はこれまで海外を中心に活動をしていた

バイナリーオプション専門業者でそのユーザー数は世界中に20万人以上もいる

と言われている実績のある海外業者です。

 

そんなBetOnMarkets(ベットオンマーケッツ)が2013年9月にオープンさせた

完全日本語対応のサイトが「Binary.com(バイナリードットコム)」です。

1999年の開業以来、これまで海外を拠点として活動をしてはいましたが

実はバイナリーオプションが日本に浸透し始めた当初から

BetOnMarkets(ベットオンマーケッツ)は密かに人気を集めていました。

 

その理由は、他の業者と比較して圧倒的に高い「ペイアウト倍率」と

トレーダーが「自由に期間を設定できる」柔軟なトレードスタイルがウケ

他の業者を利用するよりもメリットが多かったためです。

そのため、「サイトを日本語対応にしてほしい」という要望が当時からあり

英語に対応できない多くのユーザーが今か今かとこの時を待ち望んでいて

2013年9月にBinary.com(バイナリードットコム)がオープンしました。

 

Binary.com(BetOnMarkets) 口座開設

 

Binary.com(BetOnMarkets)は世界に約20万人程のトレーダーを抱える

バイナリーオプションを専門の海外業者です。

また、海外業者では監視委員会のライセンスを取得しており

公的機関に認可されていることで高い信頼性を持ち合わせた海外業者です。

監視委員会のライセンス

【関連記事】
Binary.com(BetOnMarkets)の安全性

 

また、安全性が高いことに加えてBinary.com(BetOnMarkets)には
他の業者よりもペイアウト倍率が高い(約5~20%)

ということが挙げられます。トレーダーにとってペイアウト倍率は重要なポイントであり

安全性が高い上にペイアウト倍率も高いということで日本国内でも一気に評判が広まりました。

 

Binary.com(BetOnMarkets)の最大の特徴

バイナリーオプションは60秒、15分という感じで業者の指定した時間内で

トレードをする時間を決めていくのが一般的ですが

Binary.com(BetOnMarkets)ではトレードの時間は自由自在です。(最短15秒~)

15秒という判定時間は世界最短で提供している業者はBinary.com(BetOnMarkets)のみです。

そんなBinary.com(BetOnMarkets)にも唯一の欠点がありました。
それは、プラットフォームが日本語未対応であるということ。
英語に抵抗がない人には支障はありませんが
やはり日本語化されていないと対応ができない…という人は多く
日本語化の要望が続々と本社に寄せられていたようです。

そして、満を持して2013年9月に遂に日本語サイトがオープン!!

これを機にBinary.com(BetOnMarkets)のユーザーが一気に増えました。

Binary.com(BetOnMarkets)はトレーダー目線でのサービス提供を心掛けた

トレーダーに優しい業者として海外で信頼を得てきた実績もあるので

今後、ますます利用者が増えていくと言われている海外業者です。

 

口座開設は下記公式サイトから↓↓
BetOnMarkets(ベットオンマーケッツ)

 

【関連記事】
BetOnMarkets(ベットオンマーケッツ)口座開設方法
BetOnMarkets(ベットオンマーケッツ)入金方法
BetOnMarkets(ベットオンマーケッツ)出金方法